エコ電源イベントプロジェクト

間もなく本格的に始まるやちよ未来エネルギーのプロジェクトの一つ「エコ電源イベントプロジェクト」。

様々なイベントで使用されているガソリン発電機を使わずに、ソーラーパネル等の自然エネルギーで蓄電したポータブル蓄電池を電源として活用するプロジェクトです。100%のエコ電源を実現することによって、地球温暖化や気候危機への対策として温室効果ガス削減に貢献、イベントの価値を高め、観光資源や八千代市のPRに繋げることを目的としています。

私共の「ベランダ発電プロジェクト」でもおすすめさせていただいているJACKERY社のポータブル電源とソーラーパネルを使い、これまでにご購入頂いた方々にもご一緒にご参加頂いて、市民参加型でプロジェクトを進めて参ります。

さらに、安定した電力供給をどこでも実現するため、電気自動車の活用を検討しています。

しかし、電源としての活用が容易にできる電気自動車はまだまだ少なく、トヨタ社のC+pod(シーポッド)は当プロジェクトの利用目的には最適だったため、トヨタレンタリース神奈川様のご好意も頂き、発売前の電気自動車「C+pod」を電源供給元として使用可能かテストする機会を設けることができました。

トヨタレンタリース神奈川様にて

見た目はとてもコンパクトですが、9kwhの電源を搭載しており、横浜から千葉まで走ってきてもまだ半分以上残量が残っておりました。

C+podからの電源供給(外部給電)も試してみました。C+podは充電口からアダプタを変えることで電源を取出すことができ、室内の外部給電コンセントも含めて、ライトの点灯やポータブル電源への充電も行えることが確認できました。

横浜への返却にあたってはやちよ未来市民発電所2号機とポータブル電源から自然エネルギーで充電をして返却しました。

電気自動車は排気ガスの排出がないことで注目されていますが、どのようにできた電気で充電しているのかもぜひ気に留めてもらいたい点です。火力発電からの電気で充電していてはCO2排出削減には貢献できません。供給する電力も自然エネルギー100%にできる社会を目指していきましょう

近日中に新しいプロジェクトのご案内をいたします。八千代市の街づくりのために、ぜひご賛同いただけたら嬉しいです♪