【ご案内】「パワーシフトプロジェクト」

日本では豪雨災害、北米でも熱波や異常な高温による干ばつなど、温暖化による気候危機を感じずにはいられない今日この頃。破滅的な気候危機を回避するには、温暖化を1.5℃まででストップさせること、そのためには2030年にはCO2排出量半減、2050年CO2排出量実質ゼロ(ゼロカーボン)が必須とされています。

日本政府は2050年のゼロカーボンや2030年の温室効果ガス削減目標を46%と発表しましたが、一方で原子力発電の新増設や石炭火力発電の維持・推進の方針を変えておらず、このままでは地球の未来を守れません。

いまや日本でも千葉でも八千代市でも、ゼロカーボンシティを目指すことが宣言されたわけですが、今年の3月に策定された本市の「第3次環境保全計画」でのCO2排出量目標は、2030年22%削減というとても不十分なもので、具体的な取組みについても全く検討が進んでいないのが現状です。

http://www.city.yachiyo.chiba.jp/123508/page100052.html

行政でできていないことでも、市民が力を合わせて取り組むことができることの一つが『再生可能エネルギーへの切り替え』です。

やちよ未来エネルギーでは千葉電力とともに再生可能エネルギーを普及する取り組みを続けております。

千葉電力では千葉県内を中心とした太陽光発電の余剰電力を電源の一部として活用しています。このように地域で創られた電力を地域で活用する地産地消のエネルギー活用を再生可能エネルギー100%での実現を目指しています。

原材料費がかからない再生可能エネルギーなら将来的にローコストなエネルギー供給が実現でき、ローコストエネルギー社会をビジョンとしている電力会社です。

でも電力切り替えは面倒!?と思う方もいるかもしれませんが、

☆費用負担・設備費が一切ありません。
☆電気の質は今までと全く同じ!
☆手続きも簡単♪

お支払い先の名前が変わるだけで電気料金の削減が可能です!

当プロジェクトへのお申し込みはこちらから

やちよ未来エネルギーへのお問い合わせはこちらから

#再生可能エネルギー

#気候変動危機

#あと4年

#未来を守れるのは今

#STOP気候危機アクション

#地産地消の自然エネルギーで新たな未来を